忍者ブログ
赤石赤音の雑記帖
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうでもいい話。



昔々、ある山奥に双子の姉妹が産まれました。
双子は忌み子と忌避されていたのですが、
出産に立ち会った、一族の長でもある御祖母さんは、
「元気な娘が一人産まれた」
…と、村の者達へと告げたのです。

そうして、同じ名と姿を持つ姉妹が産まれました。

     ■

閉じられたその小さな村は、或る雪女の一族の村でした。
僅かに外との交流を持つ事はあれど、他の一族との交わりを避けていた彼ら。
「我らは雪女の中でも最も優れた一族である」
…その特異な容姿と、事実優れていたと伝え継がれてきた伝承。
それは彼等の誇りとなり、永い時を経て驕りと成り。
その果てに、出生率の低下によって村の高齢化は進み、真っ当な子孫を残す事すら難しくなりました。
一族の純血を保つ事が難しくなったその村は自然と、陰鬱な雰囲気に包まれていました。
一族の脅威たる「敵」は、とうに何処にもいませんでした。
しかし、一族には味方も居ませんでした。
孤高の一族は今や、孤独な一族となっていました。

他族に興味を持たず、
他族を蔑み、
他族を差別してきたその一族は、今や差別される側となり果てていたのです。

そんな中に生まれた「彼女」は、村の者の僅かな希望でした。
母親は既に亡き人となっていましたが、
母親代わりとなった長の手により、彼女達は健やかに育っていました。
双子である事を、村の全ての人に隠し通したまま…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 注意
ここで使われているイラストは、背後本人が描いたものを除き、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は作品を発注した背後に、著作権は各絵師様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
★ 最新CM
★ 最新TB
(10/02)
(09/18)
★ プロフィール
HN:
赤石赤音
性別:
非公開
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ P R

Copyright (c)雪椿日誌 All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]